国内格安航空券(出張パック・ビジネスパック)専門!

topバナー

ビジネスパック検索

ANA・JAL・SKY・FDAの出張パックを検索比較!

国内格安航空券検索

お電話は出発の2時間前までOK!

旅スパートブログ

もっと見る



格安航空券の利用の仕方

格安航空会社(LCC)が国内線に参入して、利用者にとっては選択肢が増え大変便利になりました。しかし一方ではどう利用するのが良いのか迷われている方も多いのではないでしょうか、旅スパートでは上手に航空券を利用するポイントをまとめました。


早く予約するほどお得?

ANA・JAL・LCCなど航空会社としては早く座席を埋めたい思惑があります。予約が早ければ早いほど格安で航空券を購入できる事をアピールしています。例えば、ANA旅割80やJALウルトラ先得など、出発の3ヶ月近く前に予約すると、普通運賃の最大70%以上の割引で利用する事が可能です。しかし・・・

  • 予約後の支払いが早い(ANAなど予約後3日以内)
  • 支払い後のキャンセル料が高い(通常50%以上)

などのリスクを考える必要があります。

これらの運賃を利用するには、

  • 早くから予定が確定している方
  • 安い運賃を利用して予定をたてる方

と言う事になるでしょう。


ビジネスパックと比較する

とにかく一番安い方法で飛行機を利用したい!

  • 往復飛行機を利用する。
  • ホテルは必要ないが、安ければ1泊しても良い。

とお考えの方はビジネスパックと比較をしてみて下さい。航空券も早く予約するととてもお得ですが、ホテル付き航空券パックも平日や閑散期など時期によっては大変格安な料金設定にしています。ただ、リスクもありますので「ビジネスパックとは」をご覧になり上手にご利用下さい。


急なお出かけ、出張にお得な航空券は?

急に出張がきまった、お葬式で急に実家に帰らなければならなくなった・・など、今日又は、明日に飛行機を利用しなければならなくなった時に有利な航空券は株主優待券利用の航空券でしょう。普通運賃よりも安く、便の変更も自由なのが特徴です。

  • 出発当日は普通運賃の設定しかないので絶対お得
  • 便の変更が自由なので予約後に変更になっても安心
  • 株主優待券はもっていなくても大丈夫、弊社で準備しています。

このように急なお出かけや、現地での予定が流動的な方はこの株主優待券の航空券がお得です。詳細は「株主優待券利用の航空券」をご欄下さい。


国内格安航空券のまとめ

国内で言う「格安航空券」をまとめると

  • LCC(格安航空会社)
  • 航空会社の割引運賃(旅割・先得など)
  • 株主優待券利用の航空券
  • ビジネスパック(ホテル付き航空券)

平成10年頃から航空業界も規制緩和が進み、新規航空会社(SKY・SNA・ADO・SFJ等)が、2012年からは、格安航空会社LCC(ピーチ・ジェットスター・バニラエアー・エアアジア・春秋航空)などが本格的に国内路線に参入し大競争時代がおとずれています。ANA・JALもこれに対抗すべくさまざまな、割引運賃(旅割・先得等)を発表し対抗していると言う図式になっています。旅スパートで、あらゆる航空券を無駄なく上手にお選び下さい。

コンンビニのバナー

ビジネスパックを上手に使うヒント

ビジネス・出張パックについて、知っておいた方が良いポイントを2つご紹介しておきます。

ポイント1〜出発の20日前からキャンセル対象日。

これは是非頭の中に入れておいて下さい。これを知っておくと、変更できるタイミングやキャンセル料の事がバッチリ把握できます。旅行会社で予約する時に、担当者が「インチャージ」ですので予約の変更や取消にはキャンセル料がかかりますよ・・と言う案内をされると思います。まさしくこのインチャージが出発の20日前を切っている状況なのです。と言う事は、21日以前に予約したパックは21日までであれば安心してキャンセルする事ができます。また、便やホテルの変更も空きがあれば問題なく変更する事ができるのです

ポイント2〜ビジネスパックは帰りを延長できる。

ほとんどのパックが帰りを3日〜14日延長する事ができます。現在あるプランでは最大30日延長(ANA羽田発→各地)できるプランも旅スパートでは扱っています。ビジネスパックは1泊2日の出張だけでなく、ご家族での里帰りでもよく利用されているんですよ。もちろん、ホテルは滞在期間中に1泊だけでOKです。


ページの先頭へ