航空券とホテル宿泊がセットになった 国内出張パック・ビジネスパック

出張パックはビジネスや帰省、旅行に最適!!

出張パック・ビジネスパック最安一覧

羽田発各地域行き出張パックビジネスパック最安値一覧

新千歳 出発日
青森 出発日
秋田 出発日
金沢 出発日
富山 出発日
中部国際 出発日
関西 出発日
岡山 出発日
広島 出発日
鳥取 出発日
米子 出発日
山口 出発日
徳島 出発日
高松 出発日
高知 出発日
松山 出発日
福岡 出発日
長崎 出発日
大分 出発日
熊本 出発日
宮崎 出発日
鹿児島 出発日
那覇 出発日

関西発各地域行き出張パックビジネスパック最安値一覧

新千歳 出発日
青森 出発日
三沢 出発日
秋田 出発日
花巻 出発日
山形 出発日
大館能代 出発日
庄内 出発日
仙台 出発日
福島 出発日
新潟 出発日
羽田 出発日
出雲 出発日
高知 出発日
松山 出発日
福岡 出発日
長崎 出発日
熊本 出発日
大分 出発日
宮崎 出発日
鹿児島 出発日
那覇 出発日

新千歳発各地域行き出張パックビジネスパック最安値一覧

青森 出発日
秋田 出発日
花巻 出発日
仙台 出発日
福島 出発日
新潟 出発日
羽田 出発日
茨城 出発日
中部国際 出発日
富山 出発日
小松 出発日
能登 出発日
関西 出発日
広島 出発日
出雲 出発日
岡山 出発日
山口宇部 出発日
高松 出発日
徳島 出発日
高知 出発日
松山 出発日
福岡 出発日
長崎 出発日
熊本 出発日
大分 出発日
宮崎 出発日
鹿児島 出発日
那覇 出発日

中部国際発各地域行き出張パックビジネスパック最安値一覧

新千歳 出発日
秋田 出発日
仙台 出発日
新潟 出発日
松山 出発日
福岡 出発日
長崎 出発日
熊本 出発日
大分 出発日
宮崎 出発日
鹿児島 出発日
那覇 出発日

福岡発各地域行き出張パックビジネスパック最安値一覧

新千歳 出発日
花巻 出発日
仙台 出発日
新潟 出発日
小松 出発日
羽田 出発日
中部国際 出発日
関西 出発日
出雲 出発日
徳島 出発日
高知 出発日
松山 出発日
宮崎 出発日
鹿児島 出発日
那覇 出発日

那覇発各地域行き出張パックビジネスパック最安値一覧

新千歳 出発日
羽田 出発日
中部国際 出発日
関西 出発日
福岡 出発日
長崎 出発日
熊本 出発日
宮崎 出発日
鹿児島 出発日

※表示料金は購入時の金額を掲載しておりますが、予約時期などにより料金は変動いたします。

ビジネスパック・出張パックを上手に使うヒント

ビジネス・出張パック(国内格安航空券+ホテル付き)について、知っておいた方が良いポイントを2つご紹介しておきます。

出発の20日前からキャンセル対象日

これは是非頭の中に入れておいて下さい。これを知っておくと、変更できるタイミングやキャンセル料の事がバッチリ把握できます。旅行会社で予約する時に、担当者が「インチャージ」ですので予約の変更や取消にはキャンセル料がかかりますよ・・と言う案内をされると思います。まさしくこのインチャージが出発の20日前を切っている状況なのです。と言う事は、21日以前に予約したパックは21日までであれば安心してキャンセルする事ができます。
また、便やホテルの変更も空きがあれば問題なく変更する事ができるのです

出発の21日以前は、積極的に仮予約しましょう。

ビジネスパック・出張パックが「出発の20日以降はキャンセル対象日になる」ということは「出発の21日以前はキャンセル料が一切かからない」と言うことです。
申込み例)を2つ見てみましょう。

例 1)年末年始の里帰りをお考えのAさんの場合

日程がはっきりしていないのですが、12月28日頃札幌へ帰り、1月5日頃に東京にもどってきたいのですが」という問い合わせが11月20日にありました。

★ポイント
1.キャンセル対象日・・・12月8日から
2.問い合わせを頂いた11月20日~12月7日までは、キャンセル料が一切かからない
3.年末年始の特日なので座席が埋まる可能性がある

上記3つの事項を考えると、日程は確定していないけれどもお問合せ頂いた11月20日の時点で空席・空室がある場合は、ビジネスパック・出張パックを仮予約(キープ)する事が最も得策だと言えます。

例 1)友人とのご旅行をお考え中Bさんの場合

「2月25日に福岡へ友達2名で行き、26日に大阪に帰るプランは空いていますか」という内容で行きのご希望便があと残り「2席」という状況に対して、Bさんが「友達に確認しないと決められない」と言う問い合わせが2月4日にありました。

★ポイント
1.キャンセル対象日・・・2月5日から
2.往路の座席が残り2席しかない

友人に確認をとっている間に残2席のビジネスパック・出張パックが満席になる可能性がある事が大きなポイントです。このケースでは、残り2席しかないご希望便を確実に仮予約することが最優先となります。
※この便がダメな場合でも、本日中に取消すればキャンセル料はかかりません。

ビジネスパックは帰りを延長できる。

ほとんどのパックが帰りを3日~14日延長する事ができます。現在あるプランでは最大30日延長(ANA羽田発→各地)できるプランも旅スパートでは扱っています。ビジネスパックは1泊2日の出張だけでなく、ご家族での里帰りでもよく利用されているんですよ。もちろん、ホテルは滞在期間中に1泊だけでOKです。

故郷への里帰りの際にビジネスパック・出張パックを上手にご利用ください。

帰りを延長できる事により、「故郷への里帰り」で利用するユーザーが増えました。羽田から札幌へ里帰りをするCさんの例を見てみましょう。

例 1)羽田から札幌へ里帰りをするCさん
■往路:4月03日 羽田発JAL1019便11:30発
■宿泊:4月03日 チサンイン札幌(1泊・朝食なし
■復路:4月17日 札幌発JAL1014便12:00発
■旅行代金:お一人 24,300円

4月3日に札幌に行き、14日間札幌に滞在して17日に東京に戻るスケジュールです。4月3日に1泊ホテルを利用すれば、他の日にちは実家に泊まろうが、友人宅に泊まってもOKです。
※このケースでは、ビジネスパック・出張パックを利用する事で1泊2日の料金24,300円で14日間現地で滞在できることになります。

ビジネスパック・出張パックご利用のメリット

航空券を買うよりお得なケースがあります!

羽田~札幌を往復する場合を例に、
航空券をお一人で利用する場合と比較して見ましょう。

通常の航空券を往復購入した場合

往路 2月27日 東京発ANA51便07:00発・・・特割7運賃で16,600円
復路 2月28日 札幌発ANA76便19:25発・・・特割7運賃で18,600円
往復運賃合計 35,400円

シティプラン札幌のホテルパックで購入した場合

往路 2月27日 東京発ANA51便07:00発
宿泊 2月27日 札幌ロイヤルホテル(朝食付)
復路 2月28日 札幌発ANA76便19:25発
パック料金合計 29,400円

差額 35,400円-29,400円=6,000円

ホテルが1泊付いているにもかかわらず「6,000円」もお得になっています。