搭乗日
発 >
航空券
Booking.com

お勧め観光・グルメ情報

【大分・グルメ】とり天、手延べ団子汁、ブリのあつめし

投稿日:2018年6月7日 更新日:

大分県は、山の幸である椎茸やカボス、そして豊後水道の海流に鍛えられた「関アジ」「関サバ」のような海の幸の一大ブランドが有名です。また、大分県民一人あたりの鶏肉消費量が全国一という鶏肉好きな地域でもあります。今回は、大分市の名物料理をご紹介していきます。

唐揚げとはひと味違う「とり天」

鶏の唐揚げではなく「てんぷら」だから「とり天」。大分市や別府市などの県中部や竹田方面で食べられているなじみの深い郷土料理です。とり天には6つの決まりがあるそうです。

  1. 鶏肉をタレに漬け込んでいること
  2. 衣がついていること。
  3. 骨がないこと。
  4. 一口サイズであること。
  5. 生野菜を添えること。
  6. つけダレで食べること。

鶏モモ肉やむね肉を使用して衣をつけて油で揚げ、てんぷらのようにつゆで召し上がるも良し、地元定番の食べ方はカボスのポン酢と辛子で食べるそうです。

とり天

大分県の郷土料理「手延べ団子汁」

小麦粉を練り上げて団子をつくり、それを平たく伸ばしたものと、ごぼう、にんじん、里芋、椎茸などと一緒に味噌又は醤油仕立てで煮込んだ汁物「手延べ団子汁」は大分県の郷土料理です。「団子」というより、ほぼ「麺」に近い形状のものを手でちぎりながら汁の中に入れていくそうですが、その理由は汁に絡みやすく食感も良くなるということだそうです。大分県全域で食されている郷土料理で、大分県で長らく愛されている家庭料理です。地域によっては、丸い団子状のモノもあるそうです。

団子汁

大分漁師飯の定番「ブリのあつめし」

しょうゆベースのタレにブリの刺身を漬けにして、それをあつあつのご飯にのせ、ねぎ、のり、ゴマなどをトッピングして、お茶やだし汁をかけて食べる漁師料理「ブリのあつめし(温飯)」。ブリを釣り上げ船上で刺身にして食べた後、残ったブリをしょうゆに漬けこんで、保存食として食べたことから生まれた漁師のまかない料理です。

古くは琉球王国の漁師から伝えられたとも言いわれ、別名「りゅうきゅう」とも呼ばれています。もちろん、地域ごとにアジやサバなどを使った「あつめし」もあります。一度、呼ばれてみたいモノですね。

ぶりのあつめし

大分県のホテル予約

その他の大分観光記事

-お勧め観光・グルメ情報

執筆者:

関連記事

丸岡城・秋

福井出張・第一弾 最古の建築様式を持つ丸岡城

今回は、福井市の出張情報第1弾です。日本海に面する福井県は、海や山に囲まれた自然の豊かな県です。米どころであり、酒どころ、そして越前ガニなどの海の幸にも恵まれています。そして福井には、歴史を物語る観光 …

ひろめ市場店

【高知・観光】ひろめ市場と、お勧め天然温泉

高知に行くなら出張パックでひとっ飛び! 高知へ着いたら、高知城を見学、龍馬ゆかりの場所を訪ね、市内の観光巡りのついでと言っては何ですが、市内巡りの締めは市場と温泉というのは、いかがでしょうか?市場って …

茶房 いづみや

長野出張・第三弾 信州野沢菜漬け・郷土料理は「おやき」

今回は、長野県長野市の出張情報第3弾です。長野名物、そしてお土産というと蕎麦や山菜、ワサビ漬けに、野沢菜漬け、おやきなどが頭に浮かびます。信州人にとってなくてはならない味覚「野沢菜漬け」と「おやき」。 …

なまはげ祭り

秋田出張第三弾 男鹿半島のなまはげ祭り

今回は、秋田市の出張情報第3弾です。今回は、秋田市からちょっと足を延ばして男鹿半島へ。秋田駅から男鹿まで電車で約1時間。日本海に面した半島のエリアで、山と海に囲まれた風景がダイナミックな場所です。まさ …

盛岡手づくり村

盛岡出張・第三弾 歴史ある温泉「つなぎ温泉」へどうぞ

今回は、盛岡市の出張情報第3弾です。出張先でのんびりできる時間があると最高ですね。盛岡市内で近くてゆっくりできるところと言えば、盛岡市の西部に位置する温泉地「つなぎ泉」がおすすめです。今回は、「つなぎ …