搭乗日
発 >
航空券
Booking.com

お勧め観光・グルメ情報

【富山・グルメ】富山県の郷土料理「ます寿司」と「いとこ煮」

投稿日:2018年6月13日 更新日:

鱒を酢で味付けた「押し寿司」は駅弁で販売されて有名になりました。親鸞聖人も好んだと言われる小豆と根菜類の煮物「いとこ煮」は、富山県を代表する郷土料理です。

富山伝統の味「ます寿司」

「ます寿司」とは、富山県の郷土料理で鱒を酢で味付けた押し寿司です。作り方は、木製の「わっぱ」という丸い箱の容器の底に笹の葉を敷き、酢飯を葉の上に詰めていきます。その酢飯の上に酢で味付けした「サクラマス」の切身を並べ笹の葉でくるんだ蓋をして押して作ります。「ます寿司」の誕生は、江戸時代に遡ります。富山藩主前田利興が気に入っていた「鮎寿司」を、8代将軍徳川吉宗に献上し賞賛されたのをきっかけに、その製法が「鱒」にも使用され、「ます寿司」が富山の名物となったと言われています。

ます寿司

「ます寿司」が、富山県を代表する名物として知名度を得たのは、鱒寿司の駅弁が販売されるようになってからです。明治45年(1912年)に、富山駅構内でホテル経営をしていた「源(みなもと)」が、駅弁「ますのすし」を販売スタートしました。現在、駅弁「ますのすし」誕生から1世紀が経ち、歴史と伝統のある味覚の駅弁として、多くの人に親しまれています。

親鸞聖人の好物、小豆の煮物「いとこ煮」

小豆と根菜類の煮物「いとこ煮」は、寒い冬にはうってつけの食べ物です。食べると、じんわりと身体が温まります。その起源は、浄土真宗の開祖「親鸞聖人」の「報恩講」にあるそうです。富山県は浄土真宗に、とてもゆかりが深い土地で、親鸞聖人が亡くなった弘長2年(1262年)11月28日(新歴1月16日)を忌日とし、それぞれ前7日をお七様といって報恩講を営みます。この時期に根菜類の煮物を作る「遺徳煮」が「いとこ煮」の由来だそうです。


大根、里芋、人参、牛蒡などの根菜に、油揚げ、コンニャクなどを入れてやわらかく煮ます。そこに下煮しておいた小豆を加え、味噌と醤油で味つけしたものが「いとこ煮」です。たくさんの根菜と小豆を一緒にじっくり煮込んだ「いとこ煮」は、食材の旨味や栄養がたっぷりです。富山へお出かけの際は、ヘルシーで栄養価の高い「いとこ煮」をご堪能ください。

旅スパートで行く富山への旅

東京から富山へ行くには、飛行機では羽田空港⇔富山空港(所要時間約1時間)。ANAが運行しています。新幹線では、東京駅⇔富山駅(所要時間2時間10分~)。北陸新幹線を利用します。どちらも、往復航空券(新幹線)+ホテル1泊付のパックが便利です。

富山県のホテル予約

その他の富山県の観光記事

-お勧め観光・グルメ情報

執筆者:

関連記事

出島

【長崎・観光】出島と、勝海舟、坂本龍馬ゆかりの3つの寺

今回は、長崎出島付近の散策ご紹介をしていきます。坂本龍馬が師である勝海舟と長崎で過ごしていたことは史実によって明らかですが、その二人の思い出の場所を散策して、長崎・出島がその役割を果たしていた時代を思 …

北野屋本家

長野出張・第二弾 信州といえば「食」の王道は、お蕎麦

今回は、長野県長野市の出張情報第2弾です。長野、信州といえば「食」の王道は、お蕎麦。新蕎麦のあの香りと味はたまりません。善光寺には、信州そばの中でも、名物の善光寺そばと言うものがあり、善光寺の門前町で …

先斗町

【京都・グルメ】京都の食を彩る路、「先斗町」と「錦市場」

京都と言えば、京料理と和のおもてなし料理で有名な場所です。そこで、今回は「京都の食を彩る路」をご紹介していきます。ご紹介するのは、美味しいお店が軒を並べる「先斗町」と、京都の台所である寺町通りと高倉通 …

都城母智丘公園

さくらの名所でホッとひといきついてみませんか?!

こんにちは! 出張パックの専門家、旅スパートです 弊社は宮崎にある旅行会社です やっと暖かくなりはじめ そろそろ桜の季節ですね 今年は平年並みかやや早く 桜が咲き始める予報が出ているようですよ

ひろめ市場店

【高知・観光】ひろめ市場と、お勧め天然温泉

高知に行くなら出張パックでひとっ飛び! 高知へ着いたら、高知城を見学、龍馬ゆかりの場所を訪ね、市内の観光巡りのついでと言っては何ですが、市内巡りの締めは市場と温泉というのは、いかがでしょうか?市場って …