国内格安航空券について

国内にある格安航空券解説3.ビジネスパックについて

往復航空券とホテルが1泊付いたパックケージの事を一般的にビジネスパックとか出張パックなどと呼ばれている。これらは、航空会社の運賃とは別に旅行業法により旅行代理店が発売しているものである。航空会社では搭乗率を高めるために自社で旅行代理店を持っているのが一般的である。代表的なキャリア系旅行会社としてJALパック・ANAセールスなどがある。

ビジネスパックのメリット

  • ホテルが必要な場合は、通常の航空券とホテルを購入するより格安に設定してある。
  • 時期によっては往復の航空券を購入するよりビジネスパックの方がお得な場合もある。
  • 帰りの便を延長することができるので里帰りなどでも利用できる。

ビジネスパックのデメリット

  • キャンセル料が大きい。キャンセルした時期により20%~100%の手数料がかかる。
  • 便の変更やホテルの変更もキャンセル料の対象となる。
  • 帰りの便の変更または日程を変更する場合は、新たに航空券を購入する必要がある。

ビジネスパックの上手な利用方法

  • 日程が早く決まっているときはANA旅割・JAL先得などの運賃がお得な時が多い。
  • ホテルが必要でない場合も、1泊した方がお得な時もあるので出張パックを調べよう。

ホテルが必要か否かの問題はあるが、往復航空券を購入するの金額と、ビジネスパックを比較した方が得策と言えるだろう。また2014年4月からJAL・ANAとも出発の7日前まで申込が可能となった。スカイマークなどは出発の前日まで申込む事が可能なのでチェックして頂きたい。