国内格安航空券について

世界のアクロバットな空港

MRJの記事を載せたばかりなのに、初号機納入延期のニュースが流れてしまいました。本当に残念ではありますが、安全をしっかり確保するために必要なものなので、仕方がないのかもしれません。トラブルの起きない完璧な機体を創りあげて欲しいです。気分を変えて、今回はちょっと面白ネタをご紹介していきたいと思います。

飛行機が怖くてたまらない!何か気休めはないものか?

飛行機事故に遭遇する確率は、自動車の交通死亡事故にあう確率よりはるかに低い、年末ジャンボの一等に当選する確率よりも低いとわかっていても、どうしても飛行機が苦手な方はいらっしゃいますよね。出張なのでやむを得ないけど、本当は新幹線とかで行きたいと、心のなかで思っている方は案外と多いのかもしれません。実際は最先端の技術で何重にも安全対策の施された航空機と、空港設備により、出張で利用するような飛行機で危険な目にあう可能性は限りなく低いです。しかしながら、世界には日本でお目にかかれないような、恐怖の空港が合ったりするのもまた事実。これを知ったら逆に出張の飛行機なんて楽勝に思えてくるかもしれない、世界のデンジャーな香りのする空港をご紹介しましょう。

本当にここに着陸するの!?アクロバットな世界の飛行場

海峡の名前としての方が有名かもしれないジブラルタル空港。こちらの空港の滑走路のすぐ脇にはアニメにも出てきそうな立派な岩山がそびえ立っています。岩山にぶつかりそうな恐怖に耐えながら滑走路に向かうと、信じられないことに自動車の道路と滑走路が交差しています。
道路には遮断機が設けられまるで電車の踏切のようです。さらには空港に誘導装置が無いというおまけ付き。着陸まで2重3重の恐怖を味わうことの出来る、なんともシュールな空港です。Gibraltar-ap

写真:ジブラルタル空港(滑走路を道路が横切っている)

カリブ海に面するプリンセス・ジュリアナ空港も中々のものです。こちらの空港の滑走路は大型機が着陸するにはギリギリの短さ。そのため飛行機は超低空で滑走路に降下してきます。この滑走路の端には道路と、遊泳できるビーチがあって、まるでCGで合成したかのような車と人スレスレを飛行機がかすめる写真が有名です。

Princess_juliana_ap

写真:プリンセス・ジュリアナ空港(ビーチすれすれを滑走)

他にも恐ろしい空港はまだありますが、これを知ってしまったら国内の空港は逆に安心できてしまうかもしれませんね。