国内格安航空券について

ANAが空の巨人A380の導入正式発表間近か!?

スカイマーク社がA380を日本の航空会社に先駆けて導入するというニュースが世間を驚かせたのは記憶に新しいところですが、残念ながら諸事情で見送りとなっていました。ジャンボ機もすでに政府専用機を残すのみとなり、その退役ももはや決定的で、日本の空から大型機が姿を消す一抹の寂しさがありました。ところが、ANAがA380を3機購入する計画があるとのことで、大型機消滅の危機!?を救ってくれることになりそうです。今回はこのA380がどのような飛行機なのか、ご紹介したいと思います。

 総2階建て、空の豪華客船とも言えるA380!

エアバスが満を持してリリースしたA380は、総2階建てに配された座席数は500を超え、名実ともに世界最大の旅客機の座をジャンボ機から奪いました。定価は1機あたり1500億円とも言われ、3機で新国立競技場の予算を軽くオーバーしてしまう驚きの価格です。A380の大きな魅力は、その総2階建てから生まれる広い客室スペースによる、余裕のシートピッチの実現にあると言えるでしょう。単純に1階建ての飛行機の2倍のスペースがあるので、思い切った配置も可能です。2階建てだから天井が狭いといった心配も杞憂で、他の大型機に全く遜色ない高さが確保されています。ジャンボ機にも2階席はありましたが、こじんまりした雰囲気ですのでA380の凄さを感じます。

エアバスA380

気になる「ANA版」A380の装備

A380はすでに世界の航空会社で運用されていて、特に中東のエミレーツ航空やエティハド航空は、リビングルームやベッドルームに加えバスルームなどの、飛行機の常識をくつがえすような豪華な機内設備で有名です。ちなみに最初にA380を導入する予定だったスカイマーク版のA380では、世界最少の座席数で贅沢に座席を配置する計画だったようで、ANAがどのような機内設備を検討しているのか気になる所です。2018年に初フライトとの噂も流れていますので、正式なプレスリリースが今から楽しみです。ジャンボ機を生まれて初めて見た時には、こんなものがどうして空を飛べるのかと関心した記憶がありますが、年齢に関係なく「巨大」なものに惹かれてしまうものですね。