国内格安航空券について

気になる飛行機とドローンの関係

今までありえなかったようなアクロバットな空撮も手軽に実現したドローンは、今や映像作品づくりにも欠かせない存在となっていますが、同時に常軌を逸した危険な飛行で社会問題になっているのもご存じの通りです。超高性能のものですと、最高高度はなんと4000mを超えるということで、富士山よりも高くなってしまいます。市販のものでも、300m位は上昇できるようなので、航空機との接触も懸念されるところです。ちょっとその点が心配になったので、調べてみましたのでご紹介します。

2015年12月10日、改正航空法が施行

万が一航空機とドローンが接触、などという事態になっては大変ですので、国も法改正でドローンの安全な運用のために規制を設けました。首相官邸へのドローン落下など、ちょっと冗談ではすまされないような、ドローンの事件が散発しましたので、当然と言えるでしょう。ちなみに施行初日には116件の承認がおりたそうです。改正航空法では空港周辺の概ね半径9km以内や家屋の密集地の飛行では国土交通大臣の許可が必要になり、夜間の飛行や目視できない飛行も原則禁止となりました。夜景や、都市の空撮など動画サイトにアップロードされていますが、今後はそういったことはできなくなるということですね。空撮ファンには残念なことかもしれませんが、安全を脅かす飛行が制限されるのは致し方のないでしょう。

ドローン

改正航空法に対応した「ドローンの教科書」も発売

とは言いながらも、法律の理解は一般には難しいこともあり、ドローン検定という制度も始まりました。レベルに合わせて1から4級まであり、その検定試験に対応した教科書も販売されています。検定に合格しなければドローンを飛ばせないという強制力はないのですが、航空工学やドローンの飛行特性など興味深い内容が盛りだくさんです。操縦者のドローンへの理解が深まって、空の安全も高まることが期待されますね。映像作品の制作や、趣味としても大変に魅力的なドローンですが、やはり空の安全はしっかり守られなければならないので、規制は致し方のないところなのかもしれません。出張の飛行機が、ドローンに激突して引き返したなんてなっては、たまったものではないですからね。