お勧め観光・グルメ情報広島

【広島・グルメ】広島風お好み焼き、広島つけ麺

広島県の「食」と言えば、まず頭に浮かぶのが「牡蠣」に「もみじまんじゅう」。また、宮島近海では良質の穴子が獲れることから、宮島口駅周辺には穴子料理の店舗が多く、厳島神社へお参りした人たちで賑わっています。お店では「あなご飯」に、穴子の刺身、釜飯、白焼き、しゃぶしゃぶと数々の穴子料理が供されます。今回は、広島の「食」B級グルメにスポットを当ててご紹介します。

広島の味の代表格「広島風お好み焼き」

現在、県内には2千軒近く「広島風お好み焼き」の店舗があると言われています。日本を代表するご当地グルメの「広島風お好み焼き」は、鉄板の上に薄く引いた生地、その上に中華麺、野菜、肉をのせて焼きあげていきます。従来のお好み焼きのイメージである小麦粉と具材を混ぜて焼く「混ぜ焼き」ではなく、小麦粉と具材を混ぜない「重ね焼き」が「広島風お好み焼き」の特徴です。具材で使用されるのは、ますは大量のキャベツにもやし、カツオの粉、豚バラ肉、中華麺に玉子が、オーソドックスなラインナップです。トッピングとしてイカ天、生イカ、ネギ、生エビ、もち、チーズ、カキなども用いられます。焼き上がったら、「広島風お好み焼き」の味の決め手、地元産の甘め風味の「オタフクソース」をかけていただきます。

広島風お好み焼き

広島の辛みの麺王者「広島つけ麺」

ゆであげたキャベツとチャーシュウの具材の下に隠れた、冷たいつるつる麺が美味しい「広島つけ麺」。つるっとした味わいの冷たい麺を、ゴマがたくさん浮かんでいる真っ赤な激辛のつけ汁につけて食べるのが「広島つけ麺」の特徴です。このつけ汁が広島つけ麺の決め手ですが、しょうゆベースで唐辛子、ラー油、酢、ゴマで作られています。酸っぱくて、辛い・・夏にぴったりな食べ物という感じです。ちなみに、1957年に広島で開店した「新華園」では「つけ麺」とは呼ばず、「冷麺」と呼んでいそうです。また、広島では、辛いつけ麺がソウルフードとして人気ですが、 その中でも超有名店「唐々亭」は、 辛みの中に旨みが味わえ、無化調のつけ汁は飲み干せるほど後を引く旨さです。是非、お試しください