お勧め観光・グルメ情報九州鹿児島

【鹿児島・グルメ】きびなご、さつま揚げ、黒豚、白熊かき氷

鹿児島は、海の幸、山の幸、そしてスイーツ系と美味しいモノが揃っています。海の幸といえば「きびなご」と、地元で採れた魚のすり身「さつま揚げ」。山の幸は、黒いダイヤモンドとも呼ばれる「かごしま黒ぶた」。スイーツの代表は鹿児島発祥の「白熊かき氷」です。観光施設だけでなくグルメも盛りだくさんです。

郷土料理の代表「きびなご」刺身が最高!

鹿児島の郷土料理の定番の魚といえば「きびなご」です。「きびなご」の美味しさを最大限に味わうなら、絶対お刺身です。そして、新鮮な状態でなければ刺身ではいただけませんから、鹿児島に行ったら「きびなごの刺身」を味わっていただきたいと思います。「きびなご」は、ニシン科の体長8~10センチほどの小魚で、1年中獲れますが、最も脂がのっているのは産卵前の4月から6月頃になります。骨も細く、そのまま焼けば丸ごとがぶりといただけます。カルシウム不足を鹿児島で解消してみませんか?

きびなご刺身

鹿児島名物「薩摩揚げ」冷めても美味しい

鹿児島では「つけ揚げ」と呼ばれている定番名物料理「薩摩揚げ」。地元で獲れた魚のすり身に塩・砂糖を加え、丸や四角などの形に整えて油で揚げます。具材には、ゴボウ、紅ショウガ、イカ、チーズ、シソ巻きなどバラエティに富んでいます。薩摩揚げをあてに、薩摩焼酎のロックをいただく。薩摩揚げは、極上の宴席には欠かせない逸品です。

さつま揚げ

研究を重ねた絶品の味「かごしま黒豚」

鹿児島県内で飼育された純粋バークシャー種の豚肉、それが「かごしま黒豚」です。通称「黒いダイヤモンド」、「鹿児島の至宝」とも呼ばれています。黒豚の美味しさの秘密は、肉の繊維が細かく柔らかく、肉は光沢と弾力に富み、豚肉特有の臭みが少ない。その上、脂肪の融ける温度が高いため、揚げてもべとつかず、さっぱりした味わいがあり、旨みの素アミノ酸の含有量が多い・・・ので、美味しいというわけです。是非、美味しい黒豚をご賞味ください。

黒豚とんかつ

鹿児島発祥の「白熊」お土産は「かるかん」

ひとつめは、鹿児島市発祥の氷菓「しろくま(白熊)」です。かき氷の上に加糖練乳をかけて、果物を盛り付け、その上に小豆餡をトッピングします。最近では、チェリーやレーズンをトッピングしたタイプのものもあります。氷菓子のその姿が白熊の表情に似ていることからこの名前がついたそうです。二つ目は19世紀半ばに生まれた和菓子「かるかん」です。かるかん粉と呼ばれる米粉に山芋を混ぜて生地を作り、中に餡を入れ蒸し上げてつくります。食べ応えがありながらもと口当たりの軽いので、いくらでも食べられそうになります。しっとりとした口溶けの良い独特の風味を持つご当地スイーツ、どうぞお召し上がりください。

しろくま