お勧め観光・グルメ情報兵庫関西

【神戸・グルメ】神戸牛・豚まん・ぼっかけ さすが食の街

出張の楽しみの一つ、現地の美味しいものを食べることです。神戸と言えば、『神戸牛』、南京町の中華街にも期待。そして神戸のB級グルメとは?今回は、神戸の街の「食」をご紹介していきます。

 神戸牛と言う牛は存在しない不思議

ブランド牛としてその名を知られている「神戸牛」ですが、神戸牛と言う牛が存在しないことをご存知でしたか?「神戸牛」とは、生育環境、血統、霜降りの度合いや、色、肉生地のきめ細かさ、脂の質を厳しくチェックし、基準をクリアした但馬牛に与える名誉ある称号なのです。柔らかく最高のまろやかさ、食感を生み出している「神戸牛」。ランチタイムなら、三宮駅周辺で神戸牛ステーキランチ(150g)3,180円で召し上がれるお店もありますので、いかがでしょうか?

  • 『ステーキランド 神戸館』
  • 神戸市中央区北長狭通1-9-17 三宮興業ビル6階  TEL.078-332-2900

 創業100年の奥深い味の豚まん

国内の豚まん専門店の第1号として、100年前に営業スタートしたのが神戸・南京町の「老祥記」です。「老祥記」は、開店当時は中国の船員さんが故郷の味を求めて集まる憩いの場でした。その後『神戸の豚饅頭屋』と呼ばれ、神戸の人々に親しまれてきました。麹で発酵させている饅頭の皮にはコシがあり、肉汁がたっぷり具、出来立てのあつあつをほおばるのが一番美味しい食べ方です。肉汁がこぼれないようにお気をつけて。(1個90円)

  • 老祥記
  • 神戸市中央区元町通2-1-14  TEL.078-331-7714  月曜休

神戸のソウルフード、B級グルメ「ぼっかけ」

神戸の長田区で親しまれていた「ぼっかけ」は、徐々にその名を広めて、今や神戸を代表するB級グルメとして知られています。「ぼっかけ」とは、牛すじとコンニャクを甘辛く煮込んだもので、長田では焼きそばやお好み焼きの具として使われています。「ぼっかけやきそば」が楽しめる「長田本庄軒」。三宮センタープラザの地下、B級グルメが軒を連ねる中にお店はあります。

JPG by plfonne

  • 三宮センタープラザ東館地下  TEL.078-391-3314