お勧め観光・グルメ情報四国高知

【高知・観光】高知城、はりまや橋、龍馬の生まれたまち記念館

高知県と言えば、坂本龍馬、鰹の1本釣り、桂浜に戸岬や足摺岬といった自然景勝地、そして最後の清流と呼ばれる四万十川が有名です。高知市内にもたくさんの見どころがあります。今回は、高知市内の観光名所3ヶ所をご案内します。東京から高知の格安ツアーを利用したご旅行のご提案もしています。

高知市散策巡り3選

  • はりまや橋~土佐の高知のはりまや橋で、坊さんかんざし買うを見た、よさこい、よさこい この唄は江戸時代、五台山竹林寺の僧侶、純信と恋人のお馬さんの恋の情熱を物語った唄として有名です。この橋をめぐる恋の情熱が、今も土佐に語り継がれていると言われる「はりまや橋(播磨屋橋)」は、高知市中心部にある長さは約20メートルの橋です。江戸時代、土佐藩の御用商人「播磨屋」と「櫃屋(ひつや)」が、お堀で隔てられていたため両者が行き来のために架けられた私設の橋を造り「はりまや橋」と名付けたそうです。現在、当時の橋を復元し、橋の周囲は公園として整備されています。

はりまや橋

  • 高知城~街の中央にある高知城は、15棟の建造物が国の重要文化財に指定されている名城です。白亜の天守閣からは、高知市内の美しい風景が広大に広がる様を眺望できます。慶長6年(1601)に土佐藩に領主として赴任した山内一豊が城を着工し、2代目当主忠義の時代に完成しました。享保12年(1727)の大火で、ほとんど焼失したものの、25年後には再建され現在でも江戸時代に造られた天守や本丸御殿、追手門等がそのまま残されています。国の史跡に指定され、日本100名城にも選定されている国内有数の古城のひとつです。

高知城

  • 龍馬の生まれたまち記念館~坂本龍馬は、1835(天保6)年11月15日に高知城下本町(現在の高知市上町)で生まれました。坂本家は城下でも指折りの豪商、才谷屋を本家にする裕福な下級武士の家だったと言われています。その生誕地の上町に「龍馬の生まれたまち記念館」が建てられました。館内には、龍馬の生い立ちや町の歴史を紹介する展示資料がおかれています。CGを駆使した体験コーナー、坂本家の離れをイメージした部屋もあり、竜馬の生まれた地を楽しく知ることが出来ます。また館内のボランティアガイドの方による、龍馬ゆかりの地を巡る街の史跡巡りのツアー「龍馬の生れたまち歩き~土佐っ歩~」なども開催されています。入館料:大人300円

坂本竜馬記念館

東京から高知へ行くには「出張パック」

東京(羽田)から高知へ旅行に行くには、格安航空券+ホテルがセットになった国内格安ツアーがお勧めです。羽田から高知はANA・JALが毎日片道5便づつ運行しています。料金的にも、通常時期であれば、大変お得な料金設定になっています。

  • ANA出張パック~お1人参加26,000円~
  • JAL出張パック~お1人参加27,000円~

※上記は参考料金(※時期によって変動します)