お勧め観光・グルメ情報熊本

【熊本・観光】国宝・熊本城、水前寺成就園

豊かな自然と名水処して有名な熊本県と言えば、世界最大級のカルデラを擁する阿蘇山。そして、加藤清正が築城した熊本城、水前寺公園も観客に人気の場所です。今回は、熊本城と水前寺公園のご紹介です。

日本三名城のひとつ熊本

大阪城、名古屋城に続く日本三名城の熊本城は、豊臣秀吉の家臣として有名な加藤清正が慶長12年(1607年)に築城した城です。加藤家が2代、細川家は11代居城していました。城の周囲は5.3キロ、城郭は約98万平方メートル(東京ドーム21個分)、大小2つの天守閣と櫓が49、櫓門は18、城門が29を配し、北から西へは坪井川を引いた堀を造り、東と南には数層の石垣を施した堅固な構造を持った立派な城です。熊本城の一番の特長は、上部に向かうほど急な角度になる独特の造りになっている石垣です。反り返る石垣を登れる者はいなく、城へ向かってくる敵の武者を返してしまう様相から、石垣は「武者返し」と呼ばれるようになりました。

熊本城1

圧巻の見所は、西南戦争で焼失し平成20年に築城400年を記念して復元された本丸御殿です。古い文献資料と発掘調査に基づいて、当時の状態に忠実に復元された絢爛豪華な昭君之間に茶室や大広間など、当時の大名の豪華で華麗な暮らしぶりを感じ取ることが出来ます。天守閣からの眺望は良く熊本市街を見渡せますし、また天守内には加藤家、細川家、西南戦争などの資料が数々展示されています。

熊本大地震

熊本城は、2016年4月に発生した2回に及ぶ震度7の大地震により、大きな被害を受けました。現在、多くの部分が立ち入ることができませんが、二の丸広場や加藤神社、その周辺から、天守閣や櫓等がご覧いただけます。

熊本城地震

  • 熊本城の復興、復元を目指して「復興城主」を集い寄付の支援の協力をしています
  • yahooでも修復再建の寄付を募集しています。(yahooネット募金

桃山様式の庭園「水前寺成趣園」

熊本市街にある情緒溢れる庭園「水前寺成趣園」は、通称水前寺公園と呼ばれています。清らかに澄んだ阿蘇の湧き水で満たされた庭園内の池には、鯉や鴨がのんびりと泳いでいます。元は、細川藩主の休息所であったこの地に、寛永9年(1632年)肥後の領主となった細川忠利によって造園が始まり、忠利の孫である綱利が完成させました。80年という長い時をかけて造り上げた桃山様式の回遊式庭園には、細川家歴代藩主を祀る「出水神社」、また京都から移築した「古今伝授の間」などもあり、散策と見学で楽しいひとときを過ごせます。8月には薪能、春・秋には流鏑馬が奉納され、毎年多くの観光客が訪れる市民憩いの庭園となっています。

水前寺成就園