お勧め観光・グルメ情報愛媛

【松山・グルメ】活き鯛め・もぶりめし・鍋焼きうどん

松山市では、瀬戸内海の豊富な海産物を利用した郷土料理を堪能することができます。今回は「活き鯛め」「もぶりめし(松山鮓)」「鍋焼きうどん」をご紹介。

海賊の料理“活き鯛めし”

その代表が、新鮮な鯛の刺身を醤油だしの入った生卵に入れよくからめ、胡麻と刻みネギなどの薬味と一緒に、温かいご飯にかけて食べる一品“活き鯛めし”。生卵のコクが鯛の旨みをアップさせていて、とてもまろやかな味わいは、止みつきになります。“活き鯛めし”は、南予地方が発祥の地で、その昔海賊が敵に見つからないようにしたことが始まりだともいわれています。松山では、このほかに鯛をお米と一緒に炊き込んだ“鯛めし”も名物として親しまれています。

活き鯛めし

写真:活き鯛めし

瀬戸の味覚たっぷりのちらし寿司“もぶりめし”

松山市では、祝い事の時や訪問客をもてなす席に、ちらし寿司をふるまうという風習があります。そのちらし寿司が、地元瀬戸の味覚を詰め込んだ“もぶりめし”。古くは“松山鮓(まつやますし)”とか“もぶり鮓(もぶりすし)”と呼ばれていたそうです。“もぶりめし”は、エソやトラハゼなどの瀬戸産の小魚でダシをとり、甘めの合わせ酢で仕上げたすし飯に、アナゴや季節の野菜を混ぜ込み(もぶす)錦糸卵と季節の魚介類を盛り付けて作ります。料理店では、トッピングにウニや車エビを使って豪華にするお店もあるようです。トッピングや季節や地域、各家庭によって作り方が異なりますので、様々な味が味わえるという楽しみのあるちらし寿司です。

レトロな味わい“鍋焼きうどん”

松山市内には、鍋焼きうどんを出す食堂がたくさんあります。アルミ鍋とアルミのレンゲを使って食べるというレトロ感漂うのが松山風“鍋焼きうどん”。瀬戸内海の昆布といりこから出汁をとり、甘めの汁でうどんはやわらかめに煮込みます。具材は牛肉、刻み揚げ、ねぎが基本スタイルです。戦後間もない頃の鍋焼きうどんの味と変わらない味を楽しめる一品です。