お勧め観光・グルメ情報九州宮崎

宮崎の郷土料理と言えば、やっぱり「冷や汁」でしょ。

宮崎の定番!の郷土料理といえばやっぱり「冷や汁」です。グルメ番組などで取り上げられる事もあり宮崎=冷や汁と全国でも知られるようになりました。その他、「宮崎地鶏」や宮崎発祥とも言われる「釜揚げうどん」など、南国宮崎もたくさん美味しいグルメが満載です。

これぞ、宮崎の郷土料理「冷や汁」

魚のすり身に炙った味噌やゴマを混ぜて、魚の頭や骨、昆布などでとっただし汁で伸ばした後、豆腐、大葉、キュウリなどを加え、汁ごと冷えた麦飯にかけて食べる「冷や汁」。冷やして食べるので、夏の定番料理として各家庭で食べられています。暑い夏の日、食欲がない時など、汁物のようにしてするりと食べられる「冷や汁」は、まさに県民のソウルフード的存在です。

冷汁

写真:冷や汁

今や、お土産としても超人気の「宮崎地鶏」

宮崎県の郷土料理として名高い「地鶏の炭火焼」は、細かく切った地鶏を塩とコショウで味付けして、炭火で一気に焼き上げる名物料理です。強火で真っ黒になるくらい焼き上げるのが特徴です。また、歯ごたえのある地鶏のモモ焼きは、噛めば噛むほど味が口中にひろがる肉汁タップリの味わいは、まさに旨み凝縮の逸品です。

宮崎地鶏

写真:宮崎地鶏

コシより、ノドごし!「宮崎釜揚げうどん」

ほっこりしたい時に、思わずすすりたくなるのが「うどん」。うどんというと、香川の讃岐、群馬の水沢、秋田の稲庭を思い浮かべる人も多いはずですよね。しかし「釜揚げうどん」に関して言えば、宮崎が発祥とも言われています。宮崎県で初めて出店された釜揚げうどん専門店「重乃井」。巨人軍の長嶋茂雄さんや王貞治さんが、キャンプ中に「重乃井」に通ったことから、全国的にも有名になったお店です。生姜・天カス・ネギが入ったつけ汁に、熱々でやや細めのうどんをくぐらせ、つるつるっとすする。出汁の効いたつけ汁とうどんの絡まり方が絶妙です。この美味しさは、宮崎県が隠れたうどんの聖地では?と思わせてくれます。是非、お試しください。

重乃井釜揚げうどん

写真:釜揚げうどん「重乃井」