お勧め観光・グルメ情報東海・中部長野

【長野・観光】国宝「善光寺」と藤屋 御本陣

長野と言えば、まずは風味豊かな信州そば、蜜の詰まったシャキシャキの歯ごたえの林檎、長野の誇る名寺院「善光寺」、その他に軽井沢、戸隠と見どころがたくさんある地域です。その長野県の県庁所在地、長野市を今回は散策します。

 「牛にひかれて善光寺詣り」の道のり

長野駅から、善光寺までおよそ2キロの表参道(中央通り)は、整頓された近代的な佇まいに蔵風の建物がいくつか建ち並び、大門のあたりから参道の雰囲気が高まっていきます。まず目につくのが、アールデコ調のモダンな建物、3階建てのその建物は、『御本陣 藤屋旅館』。

江戸時代(慶応元年)の創業で、古くは加賀百万石・前田家藩主が常宿とし、近代に入ってからも伊藤博文、福沢諭吉など各界の著名人に利用されました。参道周辺には、天台宗、浄土宗合わせて39の宿坊と土産物店が建ち並んでいます。

『国宝「善光寺」をお詣りする』

国宝善光寺の県立の歴史は古く、創建に関する歴史的資料はありませんが、善光寺の境内から出土した瓦の特徴から、善光寺の創建は飛鳥時代(7世紀後半)と推定されています。一宗一派にこだわらない、すべての人に「極楽浄土」を約束するお寺として、知られており、御本尊は、一光三尊阿弥陀如来さまです。

善光寺

お詣りの後は、ゆっくりと地元の温泉につかってみるのはいかがでしょうか?長野駅から徒歩20分に位置する「裾花峡天然温泉 うるおい館」がおすすめです。

 「裾花峡天然温泉 うるおい館」でのんびりする。

長野市街地の西側、裾花河畔に建つ静かな温泉宿の「うるおい館」は、日帰り入浴や宴会、そして宿泊もできる温泉施設です。日本百景のひとつにも選ばれた奥裾花(すそばな)渓谷の下流に面した2つの大露天風呂「流泉の湯」「白岩の湯」は広々とした造りと、絶景の眺めが堪能できます。源泉かけ流しの天然良質温泉で、ぬめりのある湯は保温効果が抜群です。

  • うるおい館~無休 入浴(平日)大人670円 ※土日祝は大人720円
  • TEL026-237-4126
  • JR長野駅から徒歩約20分
  • 長野駅前から平日のみ運行の無料シャトルバス(うるおいシャトルバス)
  • 長野駅発最終17:00うるおい館発最終 16:50
  • 乗り場は長野駅向かい「東急 シェルシェ前」