お勧め観光・グルメ情報東海・中部長野

【長野・グルメ】信州野沢菜漬け・郷土料理は「おやき」

長野名物、そしてお土産というと蕎麦や山菜、ワサビ漬けに、野沢菜漬け、おやきなどが頭に浮かびます。信州人にとってなくてはならない味覚「野沢菜漬け」と「おやき」。今回は、このふたつをちょっとご紹介していきます。

野沢菜漬けは、栄養度の高い万能漬物

野沢菜漬けは、信州の人々には特に親しまれている漬物です。その中でも、野沢菜発祥の地として有名なお寺「健命寺」産の野沢菜は、味が濃厚と人気があります。野沢菜は、実はバランスの良い栄養食品であることを、ご存知でしょうか?野沢菜にはβカロテンが多く含まれていて、これは浅漬けにしても、きちんと残っています。そのβカロテンには、活性酸素を抑え動脈硬化や心筋梗塞の予防に効果があるとされています。また皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きなどもあり、食べることで免疫力を高めていく効果もあるそうです。その他にもビタミンC、カリウム、食物繊維、カルシウムなどが豊富な健康増進に役立つ漬物なのです。

「おやき」は、その昔、長野県では主食でした!

おやきと言えば、信州は長野の名物であり、郷土料理でもあります。山に囲まれた環境である長野県では、その昔、お米があまり取れないことから、良くとれていた小麦や蕎麦の粉を原料にした「おやき」が主食とされていた時期があります。自分の好きな具をおやきで包み、食べていたことから、現在もおやきの具材には、いろいろなものがあります。代表的なおやきの中味(餡)は、野沢菜、茄子、おから、かぼちゃ、切干大根、きのこ、野菜ミックス、きんぴらなどのおかず系や、おやつのおやきには小豆餡、くるみ、りんごの入っているものもあります。善光寺の門前町のお土産屋さんでは、「野沢菜漬け」や「おやき」も販売していますので、長野出張の折にはこの2大名物の味わいを、是非ご賞味ください。

  • 茶房 いづみや
  • 長野県長野市長野元善町484
  • 営業時間:10:00~16:00 無休