お勧め観光・グルメ情報九州長崎

【長崎・グルメ】長崎ちゃんぽん、皿うどん、卓袱料理に茶碗蒸し

今回は、訪れたら是非食べたい長崎名物のご紹介をしていきます。長崎代表と言えば「長崎ちゃんぽん」「皿うどん」昼食にピッタリですね。夜、少し贅沢をしようと思えば、和食、洋食、中華料理が融合した、国際色豊かな「卓袱料理」をお勧めします。旅に出ると地元名物の美味しいものを食べたいものですよね。

長崎ちゃんぽんと皿うどん

豚肉、イカ、えび、かまぼこ、ちくわ、牡蠣、椎茸、たけのこ、きくらげなど山海の食材を炒めて中華麺と一緒に煮込んだ料理「ちゃんぽん」は、長崎県の郷土料理です。そのルーツは、中国福建省の料理『湯肉絲麺(とんにいしいめん)』だそうです。湯肉絲麺を長崎の中華料理店「四海樓」の初代 陳平順が、長崎で貧しい食生活をしていた中国人留学生のために、安くておなかいっぱいにしてあげたいと考案したのが長崎名物「ちゃんぽん」です。

具がたっぷり入って、味も良くて値段も安い「ちゃんぽん」は、その後長崎の人々の間で瞬く間に人気メニューとなり、あっという間に長崎市内に「ちゃんぽん」を供する店舗が増えたそうです。ちなみに「皿うどん」は、出前や持ち帰りのために「ちゃんぽん」の汁を少なくして提供したのが始まりとのこと。皿に盛った焼きうどんのような見栄えから、「皿うどん」と呼ばれています。

皿うどん

長崎伝統料理「卓袱料理」

和食、洋食、中華料理が融合した国際色豊かなコース料理「卓袱料理」は、料理の頭文字をとって「和華蘭(わからん)料理」とも言われています。長い歴史の中で異国の影響を受けてきた「長崎」だからこそ、生まれたとも言われる卓袱料理は、大きな円卓を囲んで大皿に盛られた料理を取り分けるというスタイルの料理です。その歴史は古く、17世紀初頭に長崎を訪れた中国人によって紹介された中国料理と既に交流のあったオランダやポルトガルの料理を組み合せ、和食の要素も取り入れて「卓袱料理」が生み出されたそうです。「卓」はテーブル、「袱」はテーブルクロスを指していて、現在でもその名残りでテーブルを中華料理で使われる朱塗りの円卓を使用しています。

  • 〒850-0803 長崎県長崎市風頭町2-1
  • 矢太樓本館・南館
  • 095-828-1111
  • オリジナル卓袱~5,500円(税別)五名様より

卓袱料理矢太楼