お勧め観光・グルメ情報愛知東海・中部

【名古屋・グルメ】名古屋と言えば「なごやめし」

「始めていく場所にはワクワク感」「仕事終わって観光気分」「ご当地グルメに舌鼓」と色々と楽しみは尽きませんね。さて、今回は名古屋の出張の時のお役立ち情報、名古屋の人が考案し、名古屋っ子に人気のごはん、いわゆる「なごやめし」の魅力のほんの一部をご紹介です。

手羽先は、「世界の山ちゃん」と「風来坊」
が名古屋の2大巨頭ですね

「なごやめし」といいますと、まず思い出すのが、朝喫茶店に行くとドリンクしか頼んでないのに、トーストとゆで卵がつく「モーニングサービス」に出会うこと、そして喫茶店メニューから生まれた「鉄板スパ」、ビールのお共にナイスな「手羽先」など、その他にも「味噌カツ」「ひつまぶし」「小倉トースト」「あんかけスパ」「きしめん」などが思い出されます。


「世界の山ちゃん」柳橋店

それぞれに味わいが違いますから、手羽先好きなら1日おきにそれぞれのお店で食べてもあきません。しかもお店によって微妙に味が違うところがミソです。

「風来坊 栄店」

ミソ(味噌)と言えば、味噌カツ「矢場とん」が有名

甘い味噌がとんかつの脂とコラボして、まったりと心安らぐ美味しさですね。

「名古屋丸八食堂」

「ひつまぶし」は、名物のため当然ながら名古屋には名店が多いのですが、個人的には「しら河」というお店によく行きます。

鰻のほどよい脂の乗りと皮の焼き目の香ばしさが、もうたまらないのです。「ひつまぶし」以外のお料理も充実、つまみで一杯という方には、おすすめしたいお店です。

「しら河 栄店」

さて、最近「なごやめし」にも新風が吹いているそうです。食事部門とスイーツ部門にニューフェースが登場したのです。それは、「なごやめし博覧会」で「新なごやめしグランプリ」で準グランプリを獲得した焼鳥「とりっぱ名駅店」さんの「名古屋コーチン親子丼」。歯応え抜群のコクのある名古屋コーチンのもも&むね肉を八丁味噌と絡め、ダシで炊いた牛蒡飯の上にのせ、上から溶き卵を流しこんでアツアツの鉄板で提供される一品です。出汁のきいた牛蒡飯とコーチン肉の旨みがたまりません。


「焼鳥とりっぱ名駅店」

そして、グランプリ受賞をした
グランス・パティスリーさんの「葵プリン」です。

徳川家康公の生誕地である三河地方の卵を使用し、銅釜でコトコト炊き上げた小豆とキャラメルソースがプリンの中にこん包されている一品。濃厚な甘みとキャラメルソースのほろ苦さ、プリンのグランプリ受賞をしたグランス・パティスリーさんの「葵プリン」です。徳川家康公の生誕地である三河地方の卵を使用し、銅釜でコトコト炊き上げた小豆とキャラメルソースがプリンの中にこん包されている一品。

葵プリン

濃厚な甘みと食感、キャラメルソースのほろ苦さと金箔をあしらい、器には美濃焼を使用した豪華な見た目も人気の要因なのかもです。器には美濃焼を使用した豪華な見た目も人気の要因なのかもです。名古屋に出張の折には、是非「なごやめし」の数々をご賞味ください。