お勧め観光・グルメ情報北陸新潟

【新潟・グルメ】新潟の郷土料理「のっぺ」と「へぎそば」

新潟は米どころですから、当然欠かせないのが「食」の情報。米や酒はもちろんのこと、是非ともおすすめしたい新潟の郷土料理の数々。今回は、新潟ならではの郷土料理とB級グルメを、ちょっとだけですが、ご紹介しましょう。

新潟の郷土料理2点の味覚

里芋をメインにして山の幸、海の幸を加えて煮込み、冬は温かく、夏は冷やして、一年中楽しめる郷土料理が「のっぺ」です。

新潟名物料理のっぺ

「のっぺ」とは、具材(にんじん、ごぼう、しいたけ、ぎんなん、鮭、鶏肉・他)を一口大の半分くらいのサイズに切り、薄口のしょうゆ出汁で煮た新潟の家庭料理です。里芋のとろみが汁に出て格別の味わいです。新潟市内の小料理屋や割烹、居酒屋などの飲食店で味わうことができます。

独特の器に盛られた蕎麦「へぎそば」が旨い!

「へぎそば」の「へぎ」とは、そばが盛ってある木箱のことです。

へぎそば by nubobo
そして、一人、一人が食べやすいように楕円形に丸く一口分ずつを木箱に盛ってあります。蕎麦のつなぎに海藻を使うのも特徴で、蕎麦は独特の歯ごたえを持っています。つるりとした喉ごしも楽しめますので、蕎麦好きの方なら、是非お試しを!!

もちろん、新潟にもあるB級グルメ

ご当地グルメ・ブームの中、新潟市にも昔ながらの庶民が大好きな味覚、B級グルメがあります。まずご紹介したいのが、とんかつにタレをつけたどんぶり「タレかつ丼」。発祥の地となっているのが、新潟市内の「とんかつ太郎」というお店です。初代が、薄いカツにあうタレを開発、丼ご飯の上に薄いサクサクのとんかつを5枚乗せ、その甘めのタレをかけて食べます。

  • 「とんかつ太郎」 新潟市中央区古町通6-973
  • 11:30~14:30/17:00~20:00(第3水曜は昼のみ営業)定休日:木曜

次にご紹介したいのが、カレー粉と塩などを調合したスパイスを、鶏半身に振りかけそのまま高温で揚げてしまう「半羽揚げ」です。外側がカリカリで中がジューシーな味わい、噛むほどにスパイスの風味と鶏肉の旨みが口中に広がります。

  • 「せきとり 東万代町店」 新潟市中央区天明町3-16
  • 17:00~LO22:00定休日:月曜(祝日の場合は翌日)

各地のご当地名物、名産、郷土料理、どれをとっても美味しいの一言。新潟出張の折には、是非ともご堪能ください。