お勧め観光・グルメ情報大分

【大分・グルメ】とり天、手延べ団子汁、ブリのあつめし

大分県は、山の幸である椎茸やカボス、そして豊後水道の海流に鍛えられた「関アジ」「関サバ」のような海の幸の一大ブランドが有名です。また、大分県民一人あたりの鶏肉消費量が全国一という鶏肉好きな地域でもあります。今回は、大分市の名物料理をご紹介していきます。

唐揚げとはひと味違う「とり天」

鶏の唐揚げではなく「てんぷら」だから「とり天」。大分市や別府市などの県中部や竹田方面で食べられているなじみの深い郷土料理です。とり天には6つの決まりがあるそうです。

  1. 鶏肉をタレに漬け込んでいること
  2. 衣がついていること。
  3. 骨がないこと。
  4. 一口サイズであること。
  5. 生野菜を添えること。
  6. つけダレで食べること。

鶏モモ肉やむね肉を使用して衣をつけて油で揚げ、てんぷらのようにつゆで召し上がるも良し、地元定番の食べ方はカボスのポン酢と辛子で食べるそうです。

とり天

大分県の郷土料理「手延べ団子汁」

小麦粉を練り上げて団子をつくり、それを平たく伸ばしたものと、ごぼう、にんじん、里芋、椎茸などと一緒に味噌又は醤油仕立てで煮込んだ汁物「手延べ団子汁」は大分県の郷土料理です。「団子」というより、ほぼ「麺」に近い形状のものを手でちぎりながら汁の中に入れていくそうですが、その理由は汁に絡みやすく食感も良くなるということだそうです。大分県全域で食されている郷土料理で、大分県で長らく愛されている家庭料理です。地域によっては、丸い団子状のモノもあるそうです。

団子汁

大分漁師飯の定番「ブリのあつめし」

しょうゆベースのタレにブリの刺身を漬けにして、それをあつあつのご飯にのせ、ねぎ、のり、ゴマなどをトッピングして、お茶やだし汁をかけて食べる漁師料理「ブリのあつめし(温飯)」。ブリを釣り上げ船上で刺身にして食べた後、残ったブリをしょうゆに漬けこんで、保存食として食べたことから生まれた漁師のまかない料理です。

古くは琉球王国の漁師から伝えられたとも言いわれ、別名「りゅうきゅう」とも呼ばれています。もちろん、地域ごとにアジやサバなどを使った「あつめし」もあります。一度、呼ばれてみたいモノですね。

ぶりのあつめし