お勧め観光・グルメ情報沖縄本島

【沖縄・観光】琉球王国「首里城跡」2000年に世界遺産登録

沖縄本島、那覇市内のご紹介です。沖縄は約140年前まで「琉球王国」として独自の文化を築いていました。

琉球王国を垣間見る那覇の見所「首里城跡」

琉球王国の国王の居城であり、政治の中心地であり、祈りの聖地でもあったとされているのが、首里城とその周辺一帯です。1992年に国営公園として城を復元し、2000年には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、首里城跡は世界遺産に登録されました。

首里城本殿

王国の城の入り口へ

まずは、首里城の入り具とも言われる「守礼門」をくぐり、その後「勧会門」「瑞泉門」「漏刻門」「広福門」をくぐって、正殿へと近づいていきます。正殿などの入り口になっているのが奉神門で、ここから先は有料のエリアとなっています。約500年にわたって、首里城は琉球王国の居城として存在していました。そして、正殿では政治・経済・文化の中心の場として位置づけられ、中国と日本の両方から影響を受けた独自の琉球装飾で築きあげられています。正殿は、木造の三階建の造りで、中国の宮廷建築と日本の建築様式を取り入れた琉球王国独特の装飾美に造り上げられています。一階が「下庫理(しちゃぐい)」と呼ばれ主に国王自ら政治や儀式を執り行った場所です。二階は「大庫理(うふぐい)」と呼ばれ、国王と親族・女官たちが儀式を行った場所で、三階は屋根裏部屋でした。南殿と正殿には美術工芸品の展示物が多く飾られています。

守礼門

悠久の時の流れを憩いの場で感じてみる

日本的な木造建築が施されている「書院」と「鎖之間(さすのま)」という場所では、利用料(310円)が払いますと、琉球伝統菓子とさんぴん茶のサービスが受けられます。格調のある畳の間で待つこと数分、琉球漆器のお盆にお菓子とスッキリとした味わいのお茶を載せて運ばれてきます。お菓子とお茶をいただきつつ、庭園を愛でていると時が止まっているかのような静寂感を感じ、旅の疲れが少しずつ癒されていくようなゆったりとした気分を味わうことができます。

首里城庭園