お勧め観光・グルメ情報沖縄本島

【沖縄・グルメ】中身汁・パパイヤイリチー・ナーベラーンブシー

沖縄の料理には地産地消の精神と、沖縄方言で「クスイムン=薬になるもの」という医食同源という考えの元に様々な料理が伝えられてきています。沖縄料理で定番と言えば、ゴーヤチャンプルー、ラフテー、テビチ、ミミガー、沖縄そばではないでしょうか?また、沖縄ではカツオ漁が盛んなことから、料理の出汁にはカツオが良く使われます。その出汁で昆布を細く切って肉と煮込んだ「クーブイリチー(クーブ=昆布)(イリチー=炒める)」は、やわらかく煮込まれた昆布がとても美味しく絶品です。

沖縄伝統料理栄養豊富な「中身汁」

沖縄の方言で「ナカミヌウシームン」と呼ばれる「中身汁」は、豚の内臓(中身)カツオの出汁と醤油と塩で仕上げる煮込み料理です。今でも、伝統料理として慶事や正月などに縁起料理として供されます。味は、あっさりとしたすまし汁仕立てで、しょうが、ねぎの薬味をいれていただきます。滋養に良い「中身」を短冊状に切って、沖縄そばにのせた「中身そば」というメニューも沖縄のそば屋では定番のメニューです。

中身汁

パパイヤの歯ごたえが旨い「パパイヤイリチー」

熟す前の青い状態のパパイヤを千切りにして、豚肉、にんじんを一緒に炒めたものが「パパイヤイリチー」です。沖縄の家庭料理のひとつです。豚肉の代わりにツナを使う場合もあり、パパイヤ料理としては最もポピュラーなものなので、炒めず生で食べる「パパイヤサラダ」はしゃきしゃき感が魅力的です。パパイヤは、脂肪やたんぱく質を分解する作用があり、ビタミンAやカリウムを豊富に含み、消化吸収を助け、疲労回復を助けてくれる作用がある健康食材です。

暑い夏定番の家庭料理「ナーベラーンブシー」

沖縄の夏野菜の代表格の「ナーベラー=食用のへちま」と、豚肉を味噌で煮込んだ料理「ナーベラーンブシー」。「ンブシー」とは、具が多い味噌煮込みのことですが、ナーベラーのとろりとした独特の食感と、甘めの味噌味がなんとも美味しさをそそります。豚肉の代わりにスパムやツナを使用し、島豆腐を加えることもあります。

ナーベラーンブシー