お勧め観光・グルメ情報宮城東北

【仙台・観光】仙台から30分「秋保温泉」はいかが?

出張のお疲れを癒してくれるものと言えば、地元の名物料理に温泉ではないでしょうか?仙台にも、もちろん温泉が豊富です。仙台駅からバスで30分ほどの距離に秋保温泉という名湯があります。バスで30分ほどでしたら、日帰り温泉もいいですけど、宿泊先としても近い距離ではありませんか?

今回は、秋保温泉と周辺の見どころをご紹介していきます。

秋保温泉の歴史は古く、欽明天皇(531年~539年)の時代までさかのぼるそうです。戦国時代には、伊達政宗が秋保の地をたびたび訪れて、疲れを癒した記録も残っているという歴史ある温泉地です。仙台駅から、西へ車で30分ほどの距離にあり、雄大な自然に囲まれた四季おりおりの渓谷美を堪能できるとして評判が高く、のどかで静けさのある温泉地です。旅館、ホテルも建ち並び、各施設の大半が仙台駅から無料の送迎バスを運行しています。

写真:一人旅、出張、カップルでも利用できるホテルのご案内(ホテルニュー水戸屋)

自然美の宝庫ー奇岩が連なる峡谷美

温泉地には名取川が流れ、その流れが一段と狭くなる温泉地周辺は、その幅の狭さの激流で削られてしまった奇岩絶壁の奇勝磊々峡(らいらいきょう)を見学できます。下流側に向かって約700mの遊歩道が続き、奇岩、怪岩が連なる峡谷の風景を観ながらの散策も、また楽しいひと時を過ごせます。

磊々峡(仙台秋保温泉付近) by Sugawara / yuma

見ごたえのある秋保の大滝と甘味処

磊々峡から名取川を15キロほど上流へ行くと、幅6m落差55mの秋保大滝があります。

秋保の大滝

「日本の滝百選」にも選ばれている大滝は、滝見台から望む景観の素晴らしさ、そして滝の下から見上げるときに感じるマイナスイオンは、中々の感動ものです。大滝のすぐ近くには四季折々の草花が咲く植物園や、休憩にピッタリの茶屋「不動茶屋」があります。

茶屋では、竹の筒に入った竹豆腐や青ばた豆を使った青ばた豆腐など風味豊かな豆腐や、ずんだ餅、あんみつ、抹茶シェイクなどが召し上がれます。春は新緑の木々、夏はセミの鳴き声と涼しさを求め、秋には絶景の渓谷紅葉に目を見張り、冬はしっとりと温泉に温まる・・、秋保温泉に行くと、この上ない旅の風情が楽しめることでしょう。