お勧め観光・グルメ情報栃木関東

【栃木・観光】蔵の街、 時を彩る街の建造物群

栃木市は、栃木県の南部にあって、東に筑波山、西に太平山、北に日光連山にかこまれた街です。江戸時代から市内中央を流れる巴波川(うずまがわ)利用し交易を行い、栄えた蔵の街です。街中には、江戸、明治、大正と当時の面影残る歴史的建造物が、今でもその姿を披露してくれています。多くの蔵が建っていることもあり、別名「蔵の街」と呼ばれています。今回は、その「蔵の街」の魅力をご紹介していきます。

舟運で栄えた蔵の街

蔵の街として知られる栃木市の街の魅力は、江戸時代からの歴史と文化が日常生活の中に息づいていることです。蔵の街には、巴波川縁に黒塗りの重厚な蔵屋敷と白壁の土蔵や家が建ち並びます。

蔵の町.巴波川

写真:巴波川(うずまがわ)・横山郷土館など

その風景を情緒豊かに眺めるのに適しているのが、「蔵の街の遊覧船、巴波川舟行」で、栃木市の街中を流れる巴波川を舟に乗って遊覧していきます。およそ20分、巴波川の流れに乗って、船頭さんが栃木市や巴波川の歴史を説明しながらの遊覧です。船頭さんの唄う「栃木河岸船頭唄」を聞きながら、のんびりと舟行で蔵の街の景色をご堪能いただけます。

 時を彩る街の建造物群

川下りで、街の風情を楽しんだ後は、地上から歴史や伝統を感じる建物を見学しながらの散策です。蔵の街には、時を感じる建造物やそれにまつわる記念館などが多数建ち並んでいます。例えば、あだち好古館、塚田歴史伝説館、岡田記念館、とちぎ山車会館、山本有三ふるさと記念館、横山郷土館など、記念館、博物館、美術館だけでも11館あります。中でもユニークなのが、「塚田歴史伝説館」です。

塚田歴史伝説館

  • 塚田歴史伝説館~営業時間:9:30~17:00  休日 月曜(4~6、10・11月は無休)
  • 入館料 大人 700円

塚田歴史伝説館は、元は地元の豪商の家でした。木材回漕問屋として栄えた、塚田家の貴重な資料が公開されている博物館です。展示室に焼き物や屏風などの塚田家の家宝が飾られています。この博物館のハイライトは、三味線をひくおばあちゃんの語り部ロボットや、人柱伝説「うずま川悲話」を語るハイテク人形ロボットなど、趣向凝らしたアトラクションです。建物の奥には、当時の豪商にふさわしい数寄屋造りの離れや、水琴窟のある伝統的な日本庭園もあります。江戸時代にタイムスリップした気分に浸れる館に是非お出かけください。

蔵の街.観光館

 ※写真:蔵の町観光館~ここでMAPを手に入れ、蔵の街を散策すると便利。